大毘盧遮那禅林
    大毘盧遮那はサンスクリットMaha-Vairocanaの音訳で、「遍照光明」(あまねく照らす光)
という意味です。大毘盧遮那禅林は仏法を拠り所として修行する団体です。
  当禅林は、ご本師である釈迦牟尼仏の「宇宙の真の実相を明らかにし、人生を安らかに
楽しく過ごすための方法を教え示す」
という教化の精神を奉じ、仏教経典である大蔵経を教材
としてお経を深く掘り下げ、お経の境地深くまで入っていきます。また、禅の動態的・静態的な
訓練カリキュラムを通して、仏陀の「開、示、悟、入」(明らかにする、示す、悟る、悟りすます) という宇宙の実相の教えを身をもって証としていきます。
  禅林は、順序に従い徐々に進むカリキュラムによって、一人ひとりの衆生がそなえる仏陀と
等しい自性の光明と無量の智慧を開くとともに、自覚的、自省的に衆生及び世間に利益をもたらし
仏法のそなえる無限の光明をもって時空を超越し、宇宙法界を遍く照らしたいと願っています。